« 2008年4月 | トップページ

2009年5月

2009年5月 9日 (土)

Steppin'

■桂ヒナギクstarring 伊藤静 1stアルバム『HiNA』より「Steppin'」 ※TABは「楽譜」カテゴリにあります

飽きないくじけないヘコタレナイをもっとうにしてたのに物の見事に飽きてしまい丸々1年ギター触ってませんでしたw

弦はサビサビ指盤にまで埃が積もってるというひどい有様でしたが、ヒナのおかげで最奮起。全然弾けなくなってるんだろうな~と思ってたけど、体(指)が覚えてるのかして意外とすんなり前みたいに弾けました。元々たいしたレベルに達してなかったってのもあるんだろうけど

ただ、耳コピ力は明らかに落ちてました。ずっとギターに触って定期的に耳コピもしてた頃は「指盤のここを押さえればこういう音が鳴る」って言うのを掴んでた(音感無いんでそれがCなのかDなのかとかそういう事はわからないけど感覚的に「こんな感じの音」ってのがぼんやりわかってた)ようで、短いフレーズなんかだと先に音源聞いてそれをギターで割とすんなり再現出来たんだけど、そういうのが全く無くなってかなり苦労しました…精度も前以上に落ちてると思いますw

後、ニコニコ用の動画の作り方もすっかり忘れてそっちも苦労しました、、何か動画の作り方間違ってるみたいで以前の物よりカクカクしちゃってる

【使用機材、設定】
IBANEZ RG1570(終始リアピックアップで)
PodXtLive
設定はSecret Ambitionと全く同じ。ソロ部だけ薄くディレイかけてます(シクアンも同)

【曲について】
再びギターを弾いてみようと思わせてくれた神曲。ファルセットで必死に高音出してるヒナが(伊藤静が)もうかわゆ~てかわゆ~て。自声がこれなんだろうけど、見事にヒナのまま歌い上げてて、歌なのに萌える。曲調もポップで弾いてて気持ちいい。サビのカッティングは原曲では低音弦側のパワーコード使ってるっぽいけど、ギター一本で行くならもちょっと際立たせた方がいいかなと思い高音弦側のポジション使ってみました

【俺が思うここがポイント】
Steppin01_2 ポイントと言うなら本来サビの部分のカッティングの歯切れが一番だとは思うけど、ここではソロ部を取り上げてみます。要所要所で使われてるハーモニクスなんですが、これが難しい。ピッキングハーモニクスで出したけど、左図の方はナチュラルハーモなのかな~…。出てる音はFの倍音だと思うんですが、どっちなのかようわからんです。16分の後の方は間違いなくピッキングハーモだと思うんですが、これまた動画ではミスピッキングw ピッキングハーモニクスは肝のアクセントで使われるだけに外すとものすごい間抜け。。昔っから結構練習してるんだけど一向に上手くならないorz

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ