« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月16日 (土)

お勧めの教則本

Text01


とりあえず、所持している教本一覧です
左上から
■コードブック
■究極のギター練習帳(進化編):リットーミュージック発行、宮脇俊朗著
■究極のプレイ・フォーム:リットーミュージック発行、宮脇俊朗著
■演奏能力開発エクササイズ:リットーミュージック発行、藤田智久著
■地獄のメカニカルトレーニング・フレーズ:リットーミュージック発行、小林信一著
となっとります

世の中には吐いて捨てるほど教則本があるんで、どれ買っていいかわかんねー!って人も多いと思います(一冊買って、それやりきる前に次の教本に手出して、気が付きゃ教本コレクターなんて人も多々いるんじゃないかとw)が、今日はそんな中からお勧めの一冊をご紹介。俺自身が初級者なので、同じ初心者、初級者の方には参考になるんじゃないかな~と思います

ズバリ!「究極のプレイ・フォーム」これです!!
これはもうお勧めなんてモンじゃない。ギター弾こうと思うなら黙って全員買っとけ!!と言いたいくらいの一品
ギター弾き始めて早いうちにこの本に出合えたのは幸運だった。まだまだ実践出来てない部分も多いけど、この本のおかげで格段に上達(あくまで自分基準の話で)出来た気がします。スポーツにしろ何にしろ、やっぱフォームって最重要だと思うんですよね。確かに世界のトッププレイヤーの中には独特なフォームを持ってる人も多いけど、それを見て「フォームなんて自分の弾きやすいようにすればいい」ってのは大いなる誤り。彼らは世界中に何十万何百万といるギターキッズの中のほんのほんの一握りなわけで、それを目安にしちゃいかんと思う。自分には彼らに匹敵するだけの才能があると自負する人なら話は別だけど、俺のような凡才は根拠に基づいた効率的なフォームを目指した方が当然上達が早い
この本一冊でピックの持ち方からフィンガリング、カッティング時の右手の脱力の仕方までギター演奏に必要な物が全て網羅されてるし、そのための練習フレーズも実に上手く構成されてて、フォーム本であると同時に基礎練習本にもなってます。ぶっちゃけ教本はこれ一冊あればもう十分、他には何もいらない
「ギター始めたばっかで何からやればいいのかわかんねー」「毎日練習してるのに全然上手くならねー」って人はとりあえずこの本買ってみる事をお勧め!超お勧め!!

※リットー&宮脇氏の回し者ではアリマセンw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

EternalBlaze

■魔法少女リリカルなのはA'sOP「EternalBlaze」 ※TABは「楽譜」カテゴリにあります


あ~奈々タンかわいいな~ハァハァ…ハッ!?
と、と言う事でうp第6段です。念願だった奈々さんの曲をようやく一個うp出来ました

【使用機材、設定】
IBANEZ RG1570(終始センターピックアップで)
PodXtLive
リフ:CrystalEnergyと全く同じ構成でアンプのドライブを40%まで絞った物
クリーン:RumblingHeartsのクリーン部と全く同じ
ソロ
Eb_pod01_2 Eb_pod02_2 Eb_pod03
Eb_pod04Eb_pod05Eb_pod06
Eb_pod07


前回のらせんでは音作りがイマイチだったんで今回こそはと思ったんだけど、結局また昔作った音に頼ってしまった…これじゃ音作り成長しねー_| ̄|○||

【曲について】
奈々さんの曲はどれも好きだけど、まずは一番のお気に入りのこいつから。一時挫折しかけたけど、気力が充実した時を狙って再奮起してみた。この曲はNonVocalが無いので、耳コピにえらい苦労した…いつもBestPracticeっていうフリーソフト使ってやってて、そいつのカラオケモードを使えばボーカル音だけをほとんど消せるんだけど、微かでも奈々さんの声が聞こえたら耳が、いや脳がそっちを追っかけてしまってギター音が聞こえねぇw 複数同時に鳴ってる中から目的の音を聞くのは脳内フィルターの仕事なので、そこに好きな音(声)が入り込むと冗談抜きでそっちにばっか意識が向いて他の音聞けなくなる、、
後、そもそもの話として奈々さんの曲はどれもこれも妙に音取り辛い。ボーカルラインですら、あれ?あれれ?ってなる事多々なんだけど、どういうこっちゃろ…
まだまだ弾きたい曲いっぱいあるんで、奈々さん物は定期的に頑張ろうと思います

【俺が思うここがポイント!】
Eb01 ポイントと言うか、わからない所w
原曲では、ミュート気味の低音弦からコードストロークに繋げてるように聞こえるんだけど、そこの部分の音がいまいち取りきれない。コードの押弦を5弦まで伸ばして、5弦→4弦と弾けばそれっぽい感じになるような気もするが、それやってるとコードチェンジが間に合わないという罠、、しょうがないので、動画では左手をコードポジションで弦に軽く触れさせ、かつ右手の腹で軽くミュートかけて(そうしないとナチュラルハーモニクス鳴っちゃうんで)ブラッシングブラッシングでやっちゃってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »